ダイヤ買取は専門店が基本


ダイヤを買取してもらいたいのなら、宝石の買取専門店に依頼するようにした方が良いでしょう。

ダイヤは4Cの総合的な評価で価値が決まります。4Cとは、カラット(重さ)、クラリティ(透明)、カラー(色)、カット(プロポーション)のことです。ダイヤの鑑定書はグレーディングレポートと呼ばれ、特徴や評価などが記載されています。
専門店の鑑定人は、グレーディングレポートの内容と実物が合っているか確認しながら、原状の状態をチェックし、価格を算定します。保存状態や使用状態が悪いと、ダイヤ本体に傷がいってしまい買取価格が安くなります。

宝石買取の専門店は、鑑定人の目がしっかりしていることと、ダイヤの流通の経路が確保されていることから、買取をしてもらうのに適しています。

一般的にグレーディングレポートがないと、買取価格は安くなる傾向にありますので注意が必要です。特に何でも取り扱っているリサイクルショップなどになると、価格が下がってしまうことがありますので、注意が必要です。

This entry was posted in ダイヤ買取の基礎知識. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found